妊娠線ケア:妊娠線とは 

妊娠線で困っている妊婦さん・・はじめに妊娠線について学習しましょうね。

妊娠線(にんしんせん)は、腹部や太ももなどに縦に何本もできる細い線です。妊娠線と言っても、妊娠中だからそう呼ぶだけで、いわゆる肉割れの状態です。別名「ストレッチマーク」とも呼ばれています。妊娠線ケアの商品の中には「ストレッチマーク」と記載しているクリームもあります。

妊娠線は最初は赤紫のような細い筋です。血管よりも細く皮膚の表面に鉛筆で描いたようなラインが出ます。定着してくると赤紫を帯びていた妊娠線は、白っぽくなります。

妊娠線ができる理由

妊娠線ができるのは、急激に皮膚が引っ張られることに原因があげられます。皮膚は、目に見えている1番表面の表皮、その下には真皮と皮下組織からなりたっています。

体重増加や妊娠によってお腹が大きくなる時、一緒に皮膚も伸びます。表面の表皮は伸びることができます。しかし真皮と皮下組織は伸びにくい性質です。

表皮が伸びても、真皮と皮下組織が対応できずに皮膚に亀裂が入ってしまうのです。この亀裂が妊娠線となるのです。

妊娠線は小柄でもともと皮膚面積の狭い人が妊娠してお腹が突き出た時や、双子など多胎妊娠でお腹が更に大きくなった時にできやすいと言われています。

そして皮下脂肪などが多いと皮下組織の弾力が失われて、妊娠線が出やすいようですね。

 

iPagerank

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です