妊娠線のかゆみケア

妊娠線が痒くてかゆくてイライラする!夜も眠れずに困っていませんか?何度も妊娠線のかゆみに睡眠を邪魔され、夜寝ている間、体じゅうに爪を立てて、バリバリと引っ掻いてなんて事ないでしょうか?

朝、目覚めたときには、お腹まわりが血だらけになっていてギョっとしたことがあります。妊婦帯にも、引っ掻き傷からついた血で汚れが付着してましたから・・・

かゆみ対策は、こまめに洗って清潔に保つこと!

お肌はこまめに洗って清潔を保つことです。その際、使用する石鹸は、低刺激のものが安心です。洗う方法も、ボディブラシなどは避けて、デリケートな肌質の方が行っている“手あらい”が良いでしょうね。

お肌を清潔に洗ったあとは、タオルで丁寧に水滴をふき取ります。
タオルでごしごしと拭くのは、お肌の刺激になるので、タオルで肌をやさしく押さえるようにして、水滴をふき取るのがポイントです。

お風呂あがりには、クリームなどの保湿剤で、丁寧にお肌の保湿ケアをしましょう。なお、タオルの素材、肌着や衣類等の素材も、吸水性が良い綿100%がベストです。

お洗濯する時は、柔軟剤などは極力使わない方が有効です。
一度、妊娠線にかゆみを感じてしまうと、その不快な状態からなかなか抜け出せないものです。また、妊娠線の他にも、妊婦さん特有の肌のかゆみはありますので、甘く見てはいけません・・・。

夏の暑い時期には、プツプツとした湿疹ができやすいですし、
涼しいシーズンには、空気の乾燥などによるかゆみに悩まされます。
肌を引っ掻くと、細かくなった皮膚がパラパラと落ちてきて、見るからに悲惨ですね・・・。バストやお腹もだんだん大きくなってくるので、
妊婦帯やブラジャーによるしめつけからも、かゆみが生じてきます。

それぞれの症状に合わせた痒みケアが必要となってきますが、妊娠線に限らず、いずれの症状にも共通する対策がありますので、ぜひ参考に!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です