妊娠線は妊婦さんの約7割に現れる

妊娠線は、すべての妊婦さんにできるわけではありません。できるのはだいたい7割の人です。3割の人は妊娠線ができずにお産を迎えられます。できる、できないの差は、一体どこにあるのでしょうか?
妊娠線ができるのは、おなかが急に大きくなったときです。たいてい、おなかが大きく目立ち始める妊娠7ヶ月ごろからできるようになります。おなかの大きくなる大きさは、妊婦さんによって個人差があります。多胎妊娠の場合や小柄な人は、おなかがせり出すような感じで、おなかもどんどん大きくなりがちです。その分、おなかの皮膚が引き伸ばされますがしかたありません。

更に、肌質によっても、できやすい、できにくいがあります。一般に、皮膚がカサカサしていて弾力のない人はできやすく、しっとりしていて伸びのいい人はできにくいようです。これも、持って生まれたものなので、ある程度はしかたないといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です